科学館の夏休み長期イベントでのVR成功例(福岡県)

イベント風景

夏休みの科学館長期イベントで、VRを取り入れた複合イベントが大成功のうちに終わりました。虫がテーマということで、「古代のゴキブリに遭遇!」のVRコンテンツを提供。その他、ウミサソリや三葉虫標本などを展示いただきました。イベント業者様から感想をいただきましたのでご紹介します。

お客様にインタビュー

はじめに貴社についてお伺いさせてください。普段はどのようなイベントを企画運営されていらっしゃるのでしょうか?

キャラクターショーの制作全般とソフトバンクホークスの球団マスコットをメインに、著作権を含むキャラクターを使用したアクターの手配、企画制作をしています。また、行政、自治体の祭りイベント・催事関連、広告代理店からの企業などのプロモーション量販店などの直営業による年間イベントの実施となります。

この度、弊社のコンテンツを採用いただいた理由を教えてください。

VRコンテンツでの「古代のゴキブリ」にて、クライアントへのインパクトがあった為普通のカブトクワガタの昆虫だけでなく、ゴキブリやサソリ、クモと言った節足動物である虫も含めた内容で企画構成をしたのが良かったようです。

弊社のコンテンツを活用してイベントを開催して良かった点を挙げていただけますでしょうか。

当初VRのゴキブリは嫌がられるだろうと予想しており、小学生がメインターゲットだったのですが怖いもの見たさが功を奏して、大人も見たがるものになっていました。運営時は毎回ゴキブリであることを掲示、口頭案内していたが、お渡しした写真のようにすぐに列が出来ていました。

今回のイベントを訪れたお客様の年齢層、あるいは構成(親子、三世代など)はどのようなものだったでしょうか?

基本的には子供が未就学児~小学生2年を中心とした3,4人の家族、お盆などは2世代、3世代での家族が目立っていました。施設の利用状況から、学童の団体、幼稚園保育園の団体なども多数ありました。

コンテンツの反応はいかがだったでしょうか?

予想を反しての大好評でした。前述で述べたように、怖いもの見たさでの好奇心を掻き立てられたようでした。

集客効果はいかがだったでしょうか?

今回のイベントでは、カブトムシクワガタムシを中心とした昆虫展の中で虫の起源という企画を盛り込んでいました、御社の海サソリの化石を使用させていただきました。その中でゴキブリは外せなかったのですが、中々見つからなかったのですが、VRでのコンテンツであった為、大変助かりました。集客効果としてでは無く、この催事に来た際、参加された方への強いインパクトを残すコーナーでした。集客としては、今回ヘラクレスオオカブトをふれあいコーナーにて触れるというのが口コミも含めて多くの来場を促進したと感じております。(弊社の企画採用もヘラクレスが決定打でした)

このイベントで使われたコンテンツ

  • 恐竜 VR レンタル
  • 本物化石の展示 レンタル
  • レプリカ・精巧フィギュアの展示
    イベントパッケージ詳細