GW岡山県の屋外恐竜イベント、VRを取り入れた成功例

岡山県のゴールデンウィーク屋外恐竜イベントで、VR(ブイアール)を中心にイベントが開かれました。フィギュアやパネル展示、レプリカ展示、琥珀の観察など、バランスよく取り入れたイベントで、親子連れの方中心に、たくさんの方にお越しいただきました。

お客様にインタビュー

はじめに貴社についてお伺いさせてください。普段はどのようなイベントを企画運営されていらっしゃるのでしょうか?

ボートレース場大会期間中のイベント。ガス会社などの機器販売展示会イベントの集客ツール提案、運営管理。住設設備(リフォーム、戸建て販売)の展示会イベントなどの集客ツール提案、運営管理などをしています。

この度、弊社のコンテンツを採用いただいた理由を教えてください。

イベントコンセプトが「3D体験」であったことと、活用させて頂いた実績があったためです。

弊社のコンテンツを活用してイベントを開催して良かった点を挙げていただけますでしょうか。

恐竜に関する複数のコンテンツを活用させて頂いたことによりブースのグレード(完成度)をあげることが出来た点です。

今回のイベントを訪れたお客様の年齢層、あるいは構成(親子、三世代など)はどのようなものだったでしょうか?

会場はボートレース場。「3D体験」という点から幼児から60歳以上と幅広い層に体験して頂きました。GW期間中でしたので親子連れが多かった様に思います。20代のペアやご夫婦でのご利用もありました。

コンテンツの反応はいかがだったでしょうか?

就学前のお子様については、一部「恐い」との反応がありましたが、そのほかの年齢層には好評でした。

集客効果はいかがだったでしょうか?

「3D体験」コーナーは他にもございましたので貴社コンテンツ単体での集客効果ははかりかねますが、フュギュアや化石レプリカ展示によりVRの順番待ちをしている方々にとっては手持ち無沙汰にならず良かったと思います。

このイベントで使われたコンテンツ

  • VRコンテンツ
  • 実寸大
  • 展示
  • パネル型展示
  • レプリカ標本の展示
  • 参加
    イベントパッケージ詳細