360度ブイアール映像イベントに必要なスペースとは?

ヘッドマウントディスプレイを装着したところ。

360度ブイアール映像イベントを開催するには、どのくらいのスペースが必要か、解説させていただきます。

結論から申しますと、最小で、2m四方のスペース(一台あたり)があれば、イベントを実施することができます。ヘッドマウントディスプレイを装着した体験者が座る椅子さえあれば、十分にイベントを運営することができます。

現実には、ヘッドマウントディスプレイの装着を手助けし、機器の操作をリードするスタッフ様が自由に動けるスペースが必要になりますので、4m四方のスペースが必要とお考えください。

体験待ちの来場者様が並ぶスペースも検討に入れる必要があるかもしれません。

いずれにいたしましても、恐竜フィギュアや、化石、レプリカの展示系イベントと比較しますと、かなりスペースを節約できることがお分かりいただけることでしょう。

一方で、ヘッドマウントディスプレイを装着すると何十メートル、いや何百メートルもの巨大なスペースが広がっています。

つまり、360度ブイアール映像イベントは、狭いスペースで、巨大なイベントを実施できるのです。

一つだけ、注意していただきたいのは、体験者様に椅子にお座りいただくよう啓発していただくことです。まれに、興奮した体験者様が急に振り返るなど、ご本人はもとより、周りの方にも危険が及ぶおそれがあります。座位でお楽しみいただくことで、それを回避することができます。

360度ブイアール映像「古代の海」

ご興味のある方は下記までお気軽にお問い合わせください。

恐竜レンタルのジュラ株式会社
郵便番号733-0002
広島県広島市西区楠木町4-2-16 市川ビル401
tel/fax 050-1171-2055