公共施設でのイベント、飛び出す3D恐竜映像展・ポスター展の成功例(京都府)

イベント風景

飛び出す3D恐竜展の映像展、ポスター展の恐竜イベントを市立の公共施設で行い、大変多くの方に来場いただきました。主催者様からお声をいただきましたので、ご紹介します。

お客様にインタビュー

はじめに貴社についてお伺いさせてください。普段はどのようなイベントを企画運営されていらっしゃるのでしょうか?

市立の小型児童館として、子ども向けのイベントや子育て支援の講座などを行っています。年に1回、「フェスティバル」として様々な子ども向けのイベントを行い、地域の交流の場として楽しんでいただいています。

この度、弊社のコンテンツを採用いただいた理由を教えてください。

インターネットを利用し、イベントの企画の情報を収集していたところ、弊社のコンテンツを発見。手頃な価格と充実した内容、コンテンツのわかりやすさなどで採用しました。

弊社のコンテンツを活用してイベントを開催して良かった点を挙げていただけますでしょうか。

子どもに人気のある恐竜を取り入れたことで、イベントに来られた方が予想をはるかに上回りました。3D映像は何回も上映(1日6回)できるので、参加者が集中することなく、他のイベント会場にも人が流れ、全体的に盛り上がった。

今回のイベントを訪れたお客様の年齢層、あるいは構成(親子、三世代など)はどのようなものだったでしょうか?

ほとんどは家族連れでしたが、友達同士で来ている小学生もいました。年齢層はイベント自体は未就学児が多かったように思いますが、3D映像は若干、小学生の方が多かったと思います。

コンテンツの反応はいかがだったでしょうか?

何度も見ている子どももおり、大変好評でした。

集客効果はいかがだったでしょうか?

とてもたくさんの方に来ていただき、集客力はかなりありました。

このイベントで使われたコンテンツ

  • 飛び出す3D恐竜展 レンタル
イベントパッケージ詳細